ボーリングのための筋力トレーニング

ボーリングのための筋力トレーニング

ボーリング,筋力トレーニング

 

ボーリングで使用される筋肉は、上腕三頭筋と三角筋と前腕屈筋群等です。上腕三頭筋は腕の後ろ側に付いていて、曲がった肘を伸ばす働きや肘の一定の角度で固定する時に働きます。三角筋は肩の一番外側にあり、三角形の形をしていてこのように言われています。

 

三角筋は前部や中部や後部に分かれていて、前部は腕を前に動かして中部は外側に動かして、後部は腕を後ろに動かします。ボーリングでは、三角筋の前部と後部が重要です。前腕屈筋群は複数の筋肉の総称で手首から肘にかけてあり、手首を手のひらに曲げる筋肉でボールをリリースする時に大きな役割があります。

 

上腕三頭筋は腕立て伏せで鍛える事が出来て、肘を伸ばす時に上腕三頭筋は働きます。大胸筋も鍛える事が出来るので、引き締まった身体になります。三角筋はダンベルを使って、上腕を前に上げると前部で後ろに上げると後部で横に開くと中部を鍛えられます。

 

前腕屈筋群も同じように、ダンベルを使って鍛えます。机の上に腕を乗せて、ダンベルを握って手首を手前に曲げるように行うと鍛えられます。下半身の筋肉もボールを投げる時に、フォームを維持するのに重要です。

 

下半身の筋トレはスクワットや踵立ちが効果的で、同時に複数の筋肉を鍛えられます。

膝の痛みを筋力トレーニングで軽減する

ボーリング,筋力トレーニング

 

膝の痛みに筋トレが効果的なのは、膝を曲げ伸ばしする時に大腿四頭筋とハムストリングが使われるからです。加齢や運動不足によって衰えていくので、意識して動かさないと膝に負担が増えていきます。

 

筋トレ方法としては、膝関節や周辺筋肉に拘縮が起きている場合は、ストレッチを先に行って柔軟性を高めてから行います。効果的な筋トレで座って行うのは、両脚を伸ばして床に座って両手を後ろに付いて膝の裏を床に押し付けるイメージで太ももに力を入れてキープをします。

 

椅子に座って行う方法は、片脚だけを5秒かけてゆっくりと持ち上げて伸ばしていきつま先は立てておきます。床と水平にまるまで上げていき膝を伸ばしきったら、5秒キープしてゆっくりと下ろし反対の脚も行います。

 

寝そべって行う方法は、仰向けに寝た状態で片脚だけを直角に立てて伸ばした脚を10センチ床から下して5秒キープします。ゆっくりと床に下して2.3秒間休憩をして、片脚を10から20回行って反対の脚を行います。

 

スクワットも効果があり、お風呂で出来るものもあり湯船に浸かっている間も鍛えられます。筋トレである程度筋肉が付いたら、ウォーキング等の膝への負担が少ない運動を行っていきましょう。

vrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリ激安購入情報!トップページへ細マッチョボディになりたい方、効率よく痩せたい方はトップページのvrush(ブラッシュ)FIRAマッスルサプリも確認してみてください。